留学1年目のケース

1学期

オーストラリアの高校が1月に始まるのにあわせて来豪。
まずはICETのオリエンテーションで1年間お世話になる
先生と初顔見合わせ。新しい学びと発見の始まりです。
オリエンテーションが終わるとホストファミリーとの初対面、
そしていよいよ学校が始まります。

  • オーストラリア到着 
  • ICETオリエンテーション(2泊3日)
  • ホストファミリーとの対面
  • 学校でのオリエンテーション(約1週間)
  • 歓迎全校アセンブリー
  • SRC (生徒会代表)選出選挙
  • 水泳大会
  • Yr 7との合宿
  • ホストファミリーとのクッキング・ナイト

留学して2ヶ月経ちますね。オーストラリアの夏を満喫
しながら、水泳大会や様々なイベントで活躍する生徒の姿が
目立ちます。3月のSydney Challengeは学校の先生とシドニー
の街全体でのオリエンテーリング。街の中で与えられた課題を
自らクリアするとても楽しい企画です。

  • Open Night(近隣の小学生への学校紹介)
  • SRC 合宿
  • Sydney Challenge
  • シドニーの歴史・芸術の名所めぐり

2学期

    4月にはオーストラリアの首都キャンベラへの旅行
    があります。ANZACDayの式典への参列、国会議事堂
    戦争記念館、科学博物館への訪問などオーストラリア
    の歴史や政治に肌で触れる素晴らしい機会です。

  • Harmony Day (多文化多国籍を祝う日)
  • Easter Holiday
  • キャンベラ歴史探索旅行 (3泊4日)
  • アスレチック大会
  • Enriching Day
  • クロス・カントリー大会
  • パワーハウス博物館&展望台ツアー
  • ホストファミリーとの交流会
  • Blacktown Girls High Schoolの Carnivale
  • URA Forum
  • SOPA (ダンスと音楽の祭典)
  • モスマン・ベイからクリフトン・ガーデン探索
  • ホストファミリーの交流会

3学期

オーストラリアの冬がやってきます
学校ではジンダバインという雪山へスキー合宿
に始まりICET特別の課外活動を通して
オーストラリアの文化に触れる機会がたくさん。

  • スキー合宿
  • ロック・エステッドフォド
  • 現地校の先生方への日本食作り
  • Green Day(エコ・クラブ活動)
  • バイセンテニアル・パークでの1日
  • ノースヘッド探索
  • 聖マリア大聖堂見学
  • パームビーチ灯台
  • ホストファミリーの会
  • Model Farms 高校との交流
  • Yr 12 授業終了祝賀会

4学期

    10月にはケアンズへ珊瑚礁と熱帯雨林の旅
    グレートバリアリーフでオーストラリアの大自然と
    触れ合いながら環境問題について理解を深めます。
    ICET留学1年のハイライトともいえる旅の一つです。

  • ケアンズさんご礁と熱帯雨林の旅(約1週間)
  • HSC開始
  • ボンダイビーチからクージービーチ探索
  • 12年生卒業式
  • フォーマルパーティ

    1年間もあっという間に過ぎ12月。
    1年間の学びをもって日本へ帰国する生徒、
    留学2年生へと進んでいく生徒、それぞれの道へ
    進んでいきます。また新しい1年が始まります。

  • 修了式
  • 表彰式
  • ICET1年生帰国

ICET Official Blog

「オーストラリア、シドニーにて正規高校留学プログラムを運営するICET校長原田房枝による留学生の様子や保護者に向けたメッセージ。」


  • ICET twitter
  • ICET facebook

スカイプでのお問い合わせ

61-2-9975-7846

  • NEAS認定校
  • CRICOS-Commonwealth Register of Institutions and Courses for Overseas 認定校
  • ACPET-Australian Council of Private Education and Training (オーストラリア私立教育審議会)メンバー

オーストラリアの高校留学はICETにお任せください。ICETはオーストラリアの現地高校と共同で、日本人高校生を対象とした留学プログラムの開発および提供を行っている、オーストラリア連邦政府のCRICOSおよびNEASの認可を得ている教育機関です。 20年以上の経験と常に変革を続ける教育プログラムは幅広い分野で実績を残し、日本における英語教育のみならず、オーストラリア社会からも高い評価と信頼を得ています。